スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

イタリア紀行 小話 『日本人は~(ry』 の続きで『水』と『安全』の話

イタリアのこのトイレ話が思わぬ長さになったので、一回切って・・・載せるの忘れてました(^^;)

じゃ!サクッと続きからイタリアの 『水』と『安全』 の話~
(※注 一個人による実体験のみに基づいてます)




『水』に関して、イタリア行くなら絶対覚えとかなきゃいけない言葉があります。

"Acqua naturale (アックァ ナトゥラーレ)"

コレ!!
意味は『炭酸なしの水』!、、、ですが、この単語を知らないでテキトーに水を買うと、ものすっごく後悔しますw

向こうではたいてい水は 『炭酸あり』と『炭酸なし』 の2種類が横並びに売ってます。
で、一回間違えて炭酸ありの方を飲んじゃった事があって、、、
私炭酸苦手なんですよねー(笑)
しかも水の硬度が高い、すんごい癖のある炭酸で、思わずウって吹きそうになりました (・.・;)
日本で言う『水』が飲みたかったら、お店でこの単語言ったらもらえます♪

あと、道路のあちこちに水飲み場ってか蛇口?が設置されてて、その水は水道水だから飲めるっちゃあ、飲めるんですけど…やっぱり硬水の独特の風味があって、慣れない日本人の中にはお腹壊す人もいるらしいです。
そんなわけで、常にミネラルウォーター飲んでましたね。
現地の人も日常的に飲むから販売元も豊富で…買うところとか、ブランドによって値段もぜんぜん違うかな。


<水・値段比較 500ml ペットボトル>
バールとかだと1ユーロ(133円)ぐらい
リストランテで座ってご飯と一緒に飲むと1.7ユーロ(226円)
スーパーなら0.34ユーロ(45円)が最安値…だったかな?

でも地元の人は2リットル×12本とかのペットボトルを、セットでもっと安く買って行きます(*^_^*)
やっぱり食事ごとに水を頼むんで、そうなるとかなりの値段を飲み物に払うことになっちゃいますね。

んで、イタリアはコーヒー大国だからコーヒーはバール行けばどこでも飲めるけど、他の清涼飲料水のレパートリーが少なくて、大体どこもおんなじやつがお店の冷蔵庫に入ってますw
オレンジとか緑の蛍光色な炭酸ジュースがどこ行ってもあったなー。
ああ、でも飛行機で飲んだ、真っ赤な蛍光色のオレンジジュースはおいしかった (*^^)v

紅茶はあんまり種類なくて涙目でした(/_;) ←コーヒーより紅茶派
・・・一緒に行った人の話によると、コーヒーはおいしかったらしいですよ(*^_^*)

自販機は建物の中限定で、たま~~~にしかないです。
ほんっと、全然ない。
6都市ぐらい行って、全部で5台ぐらいしか見なかったかも。
まあ飲み物はみんなバールで休憩しつつ飲むんだろうなー。文化の違い?ってのと、多分路上になんか置いてたら盗まれちゃうんだと予想。


そういや、バールバール言ってて説明してなかった。うっかり^^

" Bar(バール)"

アルファベットで書くと、英語の"Bar(バー)"と一緒
小さい敷地に立ち飲みのカウンターがあって、飲み物と軽食が売ってるようなお店で、そこらじゅうにあります♪リストランテよりカフェよりも安くて気軽に休憩できる、どんな小さな町にも絶対一軒はあるイタリア人の憩いの場的なモノですかねー。
ちなみにテーブル席があるところもあるけど、座るともれなく席代を取られるので(笑)、意地でも立って飲んでましたw




『安全』の話。

(1)私この旅でローマに行った時、生まれて初めて生で長い銃見ました(名前は知んないけど、ほら、日本の警官が持ってるちっちゃいのじゃなくって、なんかいかにも軍人?っぽい、腕ぐらい長い強そうなやつ)
その日デモがあったそうで、制服着た警察官(もしくは軍人さんもいたのかな?)が路上でそんな強そうな銃持って警戒してました。
フィレンツェの記事でも書いたけど、美術館で前に爆破テロも起きてるし、9.11テロ後は美術館とかバチカンとかのセキュリティチェック(空港と同じ金属探知器的なアレ)が厳しくなったらしいです。
←だから入場に余計時間がかかるんだけど、、、仕方ないよね。


(2)あと、絶・対どの街行ってもいるのが、路上で違法販売してる不法入国のお兄さん’s

売ってるのは安っぽいおもちゃとかグラサンとか偽ブランド品とか色々だけど・・・
このお兄さんたちから品物を買う事自体が “違法”なので、警察官に見つかると買った方も罰金ですw
(お兄さんたちは捕まったら 国に強制送還! だから警官が来ると全力疾走で逃げるそうな。)

最初にその黒人さんたち (なぜか黒人さんが圧倒的に多かった) 見た時は「うわぁ~ちょっと怖いなぁ(・.・;)」と思ってたんだけど、無理やり押し売りとかはしてこない&見慣れてくるので、最終日近くになると、「あ~朝から頑張ってんな~」って日常風景?みたいになってましたw
他の国にもこういう人たちっているし、まあ華麗にスルーしとけば、怖くない^^


(3)話は変わってローマの観光地や駅、車内に現れるスリは有名ですが、

「鞄はしっかり手と目の届くところに持っておいて下さい。……ああ、いいえ?危ない目に会うってことはめったにないですよ。気付かないうちにホント、じょ~ずに盗っていってくれますからね^^(←素敵な笑顔)」

だそうですwww (byガイドさん)

ヤだよ!!いくら危害がないって言われても、金品盗まれるのは嫌です(^^;)
パスポートなんて取られた日にゃ、シャレになんないwww
あ、ちなみに大丈夫でした!
電車乗る時もちゃんと鞄確保しておいて、座席で寝なかった! ←当たり前^^

ああ、そういや電車の中でまで物乞いの人がいるのは驚いたなぁ~女の人でね、赤ちゃん抱えてコップ突き出してジャラジャラさせて来んの。「え?」ってビックリして、とっさに反応できなかった…隣に座ってたおじさんは小銭あげてたけど、、、物乞いしてるのに電車移動してる不思議。


(4)最後に観光地でこんな変なカッコしてる人には注意↓
IMG_2767.jpg

この写真はローマのコロッセオの前で、バスの中からこっそり撮ったんですけど、この人たちは何かイベントがあってこんなカッコしてるわけでも、趣味でこんなカッコしてるわけでもありません。
仕事中…まあ分かりやすく言えば、観光地でウキウキしてる人への罠です。

観光客が 「わあ~!かっこいい!!」 とか言って、この人たちをうっかり写真を撮ると、近づいて来て、お金請求されます (^o^)/

「写真撮りたいなら事前交渉が必要!でも日本人は結構舐められて、ぼったくられるパターンが多いから、かかわらない方がいいよ!!」 byガイドさん

で、実際に私の目の前でうっかり写真を撮っちゃった白人のおじさんがいて、見事にお金を請求されてました ←ドンマイ!
あれはホント、怖いくらい真剣な顔して手を出して近づいてきて(てか密着だね、アレは) おじさん嫌がって逃げてたけど、結局お金渡す羽目になってました (多分1or2ユーロコインを一枚)
このコスプレさん達も生活かかってるのか、めっちゃ必至な顔で迫ってて、う~ん。あの顔は傍から見ててもちょっと怖かったなぁ (・.・;)



はい!という訳で!!<まとめ>

やっぱり国内の経済状況があんまりよろしくないのと、違法滞在者の方が結構いるのとで、日本国内みたいにポケポケしてたり、いかにも「私は観光客です、ここ不慣れです。」的な顔してない方がいい…って感じかなぁ?他は、実感として別に日本とあんまり変わらない気がする。

だって、今住んでる所にだって治安が悪いところとか、暗くなったらあんまり宜しくない感じのところもあるし。
そういう危ない所とかの情報をちゃんと聞いたり調べて、事前に知っていて自衛しとけば、海外だからってそんなに恐がらなくてもいいかな、とは思いましたね(*^^)



『トイレ』 『水』 『安全』の3点に絞って、日本とイタリアの違い?的なこと話してみたけど(全然 “小”話じゃなかったw長!)

「こういう事も現地に行かなきゃ分かんないよねぇ~いい刺激&経験になったなぁ!ほら、旅はハプニングや驚きが付きものだから!これも旅の醍醐味!!」

と印象に残ったから、それとこれからイタリア行く人の参考になれば、と思って書いてみました♪


他イタリア記事↓↓

*ヴェネチア篇
*フィレンツェ篇 前 
*ローマ篇
*その他小都市
*エピソード集:イタリア男編
*エピソード集:「イタリア人ですから」

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。