スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【ジャンプ感想】銀魂 第299訓「オダギリジョーの髪形とシェンムーの続編発売はいつになったら決定するんですか」

アニメ銀魂・再放送決定おめでとう!!!

<情報元:エリザベスの中の人もとい、アニメ銀魂監修の高松さんのツイッター>
→http://twitter.com/eli_ossan

よかった!!最終回以降も銀魂をテレビで見れるんだ…!!


ああ、ほんっとよかった~!!放送日時はジャンプ紙面での情報待ちだけど!(木曜6時からは移動か~)
このツイッター読んでるとさー、段々アニメ作ってるおっちゃんらが愛しくなって来るんですが(笑

読んでるとホント毎日仕事大変そうだけど、

『ここで終わらせたくない、原作の最終回まできっちりアニメも一緒に歩んで行きたい。
そのために映画成功させてやる…!』
って伝わってくる。


よおし!!
「よりぬきサザエさん」的な傑作選
らしいから、見てない分HDに保存しておこう!
100話ぐらいからアニメ銀魂見始めたんですよねぇ~。
原作未読の状態で、確かちょうど…ギンタマンで、しょっぱな意味不明でした☆
何事においても、大人が全力でバカやるのは見てて楽しくなる♪

銀魂春祭り2010(仮)とか ←結局(仮)で正式名称w
銀魂in ナムコ・ナンジャタウンとか色々、

くそっ…なんて楽しそうなんだ東京め…!!(地方からの叫び)


……あ、そろそろジャンプ感想行く?



ねえピラ子ちゃん。もっかいお姉さんに説明してくんない?

いやいやいや。あるぇ????

理解力が足りないってか毎週毎週予想の斜め上を行かれて、

ピラ子ちゃんよく分かんない人Σ( ̄口 ̄;)!!
てな混乱状態ですよ。先週感想サボった罰か?先週の内容ふわふわのうろ覚え(笑

ええーっと、復習!何事においても復習って大事。


ピラ子ちゃんが万事屋に来て(強引に)銀さんの舎弟になって、
「かぶき町をまっ赤なお花畑にする」な事言いつつ、
自分が人斬りだと明かして、銀さんを大親分にしたいって言うんだよね?

「お花畑」って言葉の意味を、
最初は「花=死体=虐殺?え、何この子怖い。復讐??」って勘違いしてた銀さんたちはそれを止めようとする。

でも案の定かぶき町四天王の一人・次郎長の子分たちに絡まれて
世話になってた組は、みんな仲良く農業(花畑)中で、復讐じゃないなら何しに来たの?って言ってるうちに、

ピラ子と銀さん、仲良くコンクリ詰め中。

ダスポット丸ペール 90型ダスポット丸ペール 90型
()
@Home

商品詳細を見る


…が先週までで、そんでまさか、


ピラ子ちゃん次郎長親分の娘だったとは。しかもむっちゃ腹黒っ!!
こないだの沖田くん(あ、なんか久々)のドS顔並に真っ黒!!

銀さんに取り入ったのは、他の四天王を倒し、次郎長さんに天下を取らせるため。

「花」とは、「侠と書いて“おとこ”と読む。そんな次郎長自身と会ってみたい。」

なるほど。

ってわかるかい!!!!!


えええええ!!!?予想外ですよこんちくしょう。
(まあ漫画読む時に“予想”なんて頭使わないけどもw)

しかもそのためには手段を選ばず、どんな犠牲も払わないときたか。
その為なら味方の若頭の七三わけ(あれ?名前なんだっけ?…ああ、勝男ね、了解)も躊躇なく刺す。←グダグダ

まあ、妻子(自分)捨てて昔好きだった女(お登勢さん)のそばに、かぶき町にいられちゃあ、お登勢さんを羨ましかったり妬んだりしても…おかしくはない、かな?


あ、そうなの、これまた予想外の事実・判・明。

次郎長さんは昔、お登勢さんを取りあって旦那さん殺しちゃったそうな。


お登勢さん(本名:寺田綾乃)モテモテやなぁw
もうさー。予想外の事実ばっかりで、途中のアゴ美もうっかりスル―しそうになった!!


「誰がアゴ美だ あず美だコルァ!!」

「だまりやがれェェ!! アゴォォォォォ!!!」

「…「美」つけてくれる?もうアゴ美でいいから美はつけて」


…うん。そーだね。
女の子だもん、「美」ってつけてほしいよね?
そもそも「アゴ」だけだったら、ただのパーツだし。流石に名前がパーツ名は回避したい所だよね!!

まあ心はともかく、身の方は改造済みなのかは知らんけどもw モロッコ行った?
あーでもやっぱ、オカマのお姉様たち好きだ~(*^^)
銀さんがオカマバー行く話とかね~
少ないコマ数で良い味出してるwwwむっちゃ画面濃!(笑



―――全てを察しているのか。


神楽たちに嘘をつき、一人旦那の墓の前に佇むお登勢。

そしてその背後には次郎長が現れる。


…今から少し昔の話、ちょうど十数年にも亘る攘夷戦争が終わった頃。

その墓前は、お登勢とある男が出会った場所でもあった。

男は戦場で何もかもを無くし逃げてきた。

だが、

「この恩は忘れねェ アンタのバーさん…老い先短い命だろうが
 この先はあんたの代わりに俺が護ってやる」


男はお登勢に拾われ、またその誓いは未だ破られず。

もう一度歩き始めたその男は、再び色んなものを背負うようになっていた。


そして今、お登勢の危機に息を切らせ、全力で駆け抜ける―――



頑張れ!銀さん!!走れ!銀さん!!

ポリバケツ付きでもかっこいいぞ!!


…なんてね☆←最後の方飽きてきた(笑

頑張って電○文庫的なライトノベルのあらすじ(?)みたいなんを目指そうとしたらこんな気持ち悪い事にw
(あかん。自分でこんな文章書いたら鳥肌たってきたwww)

あー真面目に文章打つのめんどい^^
でもこう書くと、お登勢さんむっちゃヒロインポジションやんなぁ!…あと40ほど若けれb(パアン


来週楽しみです~♪
150:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.03.13 16:01 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。