スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【ジャンプ感想】銀魂 第363訓 「茨ガキと薔薇ガキ」

先にコメント返信!

美咲さん

ねー!信女さんすんごくおいしいキャラ(見た目)してると思います!可愛い(*^^)
そうそう、実際の見廻組に女性はいないだろうなぁとは思ってたんですが、
まさかこんないかついおじさんだったとはビックリですw
コメントありがとうございましたー♪





今週のジャンプ。ハンターハンター読んで(´゚д゚`)ポカーン 
な顔になりました。えーゴンは?キルアは?王様にコムギはどーなった???
何年も放置プレイの旅団とかクラピカの顔もそろそろ見てみたいな!

全力で肩すかしですよ…!あ、アニメは楽しみにしてます!

以下今週のジャンプ・銀魂感想!

あれ?主人公って誰だっけ??

我らが白髪天パ侍は今週絶賛お休み中です。


何気に山崎が近藤さんの隣にちゃっかり居てビックリしました。
あれ?先週も居た??

まあ、真選組メインの話なので、あんま出なくても違和感はないんですが。
その代り、ひ、土方さんがっ…!


佐々木異三郎 VS 土方十四郎



何、コレ?かっこいい!!!

真選組メインのシリアスガチ話と言えば、「ミツバ篇」と「真選組動乱篇」かなぁと思うんですけど、この2つでも土方さんの戦闘シーンが何ページも書かれたことって無いと思うんですよね。
(柳生篇はまあ、ノーカウントでw)
1コマでズシャア!ドシャア!!ってのはあったけど、こんなガチ戦闘……いい(*^^)

主人公的待遇ですね!土方さん!!
興奮する!ああってか、ワンピースとかみたいに技名を言わないの良いよね!
いやワンピースも好きだけど種類が違うっていうか!
こういう心理描写もセリフも少なく、剣戟と銃声が飛び交い、血がバンバン出る戦闘って、これ思い出すなぁ。

るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 追憶編 ~特別版~ [DVD]るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 追憶編 ~特別版~ [DVD]
(1999/12/18)
涼風真世、岩男潤子 他

商品詳細を見る


さぶちゃん(異三郎さん)も刀と銃の両方装備で、なかなかかっこええやんけ…!
(リボルバーだけど、装弾数いくつ?とか再装填はどうやってするんだろ?片手塞がってたら隙デカくね??とは思ったらいけないんだろうなぁ。てか二人とも片手とか握力凄い)
そして強い!激しい戦闘でも一切その白い隊服を汚さない強さ!w



また別働隊では 今井信女 VS 沖田総悟戦が!


「やっぱり アナタも警察じゃない 私と同じ人殺しの目」

いやぁ~私には二人とも表情筋あんま動かさないぽーっとした顔に見え(ry


てか信女ちゃん、二 刀 流 …だと!!?


コンクリ(多分)柱切断とかぱねぇ。
しかし、右手に本差、左手に脇差構えてキメゼリフが 「アナタの ○○○よ」
はさすが銀魂。シリアス話でも下ネタは忘れません(笑


そして、え…?「土方為五郎 様」宛ての手紙は異三郎に送った手紙でした。

「どうか彼が一人前になった暁には 彼を認めてあげてくれないでしょうか

 家族として 兄として

 彼をもう一度 むかえ入れてあげてくれないでしょうか」


宛名を騙って出した手紙は、鉄のため。
自分はもう失ってしまった家族、兄との仲を取り持つため。


てか、お兄さん亡くなって…?


え、よし、ちょっと待って整理してみよう。

小さいころ妾の子として迎え入れられた家で、
世話を焼き家族として接してくれたのは兄の為五郎さん。
しかし、自分を庇って負傷し、視力を失ってしまう。
その後、実家には寄り付かなくなり、バラガキと呼ばれケンカに明け暮れる。
強くなりたいという思いを秘めながら。
近藤さんと出会い、一緒に上京し、真選組として江戸で働く日々。
で、今週16ページ目。
真選組隊服姿の土方さんが為五郎さんの墓の前、で、、、

つまりは、お兄さんが怪我した後、仲直りは出来なかったんだろうか。
一歩引いたまま、ずるずると月日が流れ永遠の別れが来てしまった…って事?

(ノД`)・゜・。

泣いちゃいますよもおおお!!心、臓が痛い(;_:)


その手紙を読んでも異三郎の態度は変わらず。
鉄を無視して突入しようとした時、ボロボロの土方さんが扉の前に立ちはだかる。

「弾丸に刃
 
 どちらでも好きな方を選びなさい」


そう言って、放たれた弾丸をまっすぐ刺し突く!
牙突…?


…で、次回!おおう。来週は信女ちゃんVS総悟くんが読めるのかな?
てか、今回の長編の名前ってどうなるんだろ?バラガキ篇とか??

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。