スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【旅行】 9月の瀬戸内・直島編②

直島編その②スタート!
その①はこちら~

以下追記



IMG_4662.jpg
宮ノ浦からバスで20分ほどで本村地区へ

IMG_4664.jpg
快晴!ベネッセホテルの方へ~
無料バスに乗り換えても行けるけど、あえて徒歩で行きます。

IMG_4669.jpg
松ぼっくり大量。

IMG_4670.jpg
ざくざくざく

IMG_4671.jpg
波打ち際、なんか緑色してると思ったら海藻はんぱねぇ。
山の上に見えるのがベネッセのホテル。

IMG_4673.jpg
本村の方の黄色かぼちゃ。こっちの方が好きかも。

IMG_4678.jpg
現代アート

IMG_4679.jpg
現d(ry

IMG_4680.jpg
g(ry

IMG_4687.jpg
windowsのサンプル画像とかにありそう。

IMG_4686.jpg
もう秋だねーもっふもふやで。


IMG_4696.jpg
1泊ひとり1万5千円~2万円ぐらい。たけーよ!でも何か良さそう。
あ、もちろん泊まってません。民宿に泊まりました^^(1泊3000円)

IMG_4693.jpg
これも作品。

IMG_4697.jpg
あ、作品の題名とかアーティスト名は忘れましたすみません(・_・;)

IMG_4704.jpg
お、、、わん?

IMG_4702.jpg
揺れる金属板。

IMG_4708.jpg
岩場に窓。

IMG_4712.jpg
栗みたいな島。
ちなみにこういうの撮りつつ30分ぐらい歩き続けてます(笑
民家は無くって、山の中にポツポツベネッセの建物と作品がある感じ。

IMG_4717.jpg
李禹煥美術館到着!

IMG_4719.jpg
入場料1000円です。安藤忠雄さん得意のコンクリート建築。

ここはね~うーん。ぶっちゃけ趣味じゃなかった!(言っちゃった)
建物と空間を見に来る感じだよね。石をカッコよく置いてみました的な。

本村の町からここまでバスに乗ると5分で行けます。
それと、写真は省略するけど、もう5分バスに乗ると、地中美術館に。
ここは入場料が2000円。あえてもう一回言うと2000円も入るのにかかりますが、一見の価値ありです。(むしろ一見だけで良いやって言うw)島だし来にくいから、しゃーない払うか~ってなるね。

李禹煥はあんまり人がいなかったんですけど、こちらはめちゃくちゃ人居ました。
てか、美術館に作品は5つぐらいで少ないんですけど、
2か所に入場制限がかかってて、15分ずつぐらい待ちました。

でもよかったー特にモネの所が好きです。
外の光を取り入れてて、晴れだったのが太陽に雲がかかった瞬間、ふわっと暗くなって雰囲気が全く違ったのが凄かった。
あと、やっぱり建築もぱねぇ。空間の見せ方もふおおおお!ってなったけど、それより幾らかかったのか気になる(笑


その③へー!

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。