スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【京都】 大徳寺③(瑞峯院)

瑞峯院(ずいほういん)
※基本拝観できません!特別拝観の時だけ公開


DSC_0301.jpg

ここは誰のゆかりの寺かというと↓<以下追記>

DSC_0316.jpg
キリシタン大名と呼ばれた豊後国の戦国大名、大友宗麟
(戦国BASARAで言うところのサビーの人w)

キリスト教徒なのに、仏教寺に墓がある謎。
教会の墓地じゃないの??

DSC_0315.jpg

と調べてみたら、瑞峯院は1535年に創建されてるんだけど、大友宗麟って1530年生まれらしいんですよね。ってことは、生まれて間もなく造られて、家の流れで帰依した(生まれた時は仏教徒)で、人生後半ザビエルに出会って、キリスト教徒に目覚めちゃったって感じ??

ちなみに、葬式はしっかりキリスト教式にやったけど、秀吉がキリシタン禁止令を出したから、その時の墓は壊したそうな。残ってるのはここ瑞峯院と、地元に近年、行政が新たに作った2か所。

DSC_0294_20120201170709.jpg

そういう流れだから、江戸時代にはかーなーり荒廃してたここを自費で修繕したのは、宗麟の家臣の末裔である臼杵城豊だったりっていう豆知識(笑

DSC_0296.jpg
創建当時の門。

DSC_0302.jpg
夕方16時ぐらいに行ったら私一人の独占状態でした^^
夕焼けが眩しい☆

DSC_0300.jpg
庭その1 独坐庭(どくざてい)

DSC_0312.jpg
反対側~

DSC_0303.jpg
てくてく。

DSC_0307.jpg
裏っ側の庭 閑眠庭(かんみんてい)

この庭は昭和期の有名な作庭家・重森三玲作だって。
正面に見えるのは茶室で、枯山水の庭なんだけど、ここは↓の角度から見ると…

DSC_0309.jpg

斜めに縦4つ・横3つに石が並んでるのが分かる?
これ、十字架を表してるらしい。確かに写真の角度から見るとそれっぽく見えるよね。

DSC_0308.jpg

大徳寺の塔頭って22ある割に、いつも公開してるのは4つで、期間限定で公開してるところもあるけど、(お金ないのかな?)結構荒れてるところもありますね。
そんな中で、ここの庭は(※紅葉とか桜はないけれど!)枯山水式としては結構オススメ^^



その他大徳寺記事リンク↓


①総見院、黄梅院


②芳春院


④高桐院

ラスト!三玄院ほか

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。