スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【銀魂ジャンプ感想】第398訓「二匹の鬼」 と福岡とーちゃく。


意外と都会!



あれ?ジャンプ、月曜じゃないよ…?23号売ってたよ。

銀魂ネタバレ感想↓

一橋派キタァアアア!

喜々様だってさ。顔が見てみたい。
只今入院中の佐々木のにーちゃんはそっち側だったとは。

「つくづく不思議な男だ 坂田銀時
 ねェ のぶめさん」

佐々木さんの真選組への語りが今後の展開に重要過ぎて二度見。とりあえず、銀さんは万事屋で休養なのね、良かった。

ふむふむ。

朧さん、さらっと退場したかと思いきや、ヤタガラス(漢字変換できない)と呼ばれて天道衆のとこに帰還~あれ?定々だけ将ちゃんに捕まったの?



はい、叫ぶ準備OK?



「思い出す必要はねェよ
 いずれ天道衆…ふざけた烏ども…いや
 世界の首ひっさげて地獄へいくからよォ
 
 先生によろしくな」


来るかな?とバラガキ篇の終わり考えて予想はしてたけども…!

高杉キタァ!!そして、サヨナラ定々!

もーなんか、銀さんが殺さなかった、復讐相手の一人を殺した時のにやり顔をみんな見た方がいいよ、アレは空知先生気合い入ってるわー


で、もう色々ありすぎてお腹いっぱいだったのに、まだ、まだ予想外の設定明らかにしちゃってもー先生!頭が混乱します!それとこれ、スマホで打ってるから打ちにくくてしゃーない!

「そう 真なる敵はその鬼ども
松陽の弟子たちだ」

のぶめさん、貴女、朧さんの同僚だったんですか…!

さらに、佐々木のにーちゃんと共に高杉の大法螺に付き合うって、高杉さん凄い求心力ですな!!


「…待て

 似ていたかあの弟子達は
 松陽に…」



「似てない

一人は松陽が残したものを護ろうとしていた

一人は松陽の残したものを壊そうとしていた

でも同じだった


二人とも悲しい目をしてた」



のぶめさんのこの語りのページは、ぜひ見て欲しいね。

まだまだ語りたいけど、スマホじゃ疲れてきたので、また今度改めて!!

管理者にだけ表示を許可する

意外と都会!あれ?ジャンプ、月曜じゃないよ…?23号売ってたよ。銀魂ネタバレ感想↓

2012.05.05 21:34 まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。