スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【色塗り】 nostalgie (子供な銀、桂、高杉 幼馴染3人♪)

【色塗り】銀魂キャラカテゴリ記事、記念すべき100件目は…

この画像は『読者とジャンプ』のかずはさんのものです!持ち帰りダメ。
nostalgie.jpg
<クリック拡大>


(仏)nostalgie 郷愁、懐古の意。ノスタルジー。(by はてなキーワード)


田畑、茅葺き屋根、川に里山……「日本の原風景」がイメージです。
き、季節外れ感甚だしい絵だけど、以下追記で語り!


*無駄に語る。(ジャンプネタバレ)


もうさもうさああああ!!!


傾国?傾城篇読んであの銀さん達の過去シーンとか幼馴染3人の離別の感じがもうね、堪んなくなっちゃって。

「先生によろしくな」

をギャグにしてしまえる桂さんが一番吹っ切れてる感じするわー
高杉はまだまだズルズル先生の事引きずりまくってるし、銀さんは今を生きてるけども、心のどっかにずっと先生の事引っかかってるよね。紅桜篇で本をカレー溢して捨てたって言ってたけど、絶対その後ゴミ箱から回収して残してそう(笑

んー吹っ切れてるから良いとか悪いとか無いだろうけどさー

とかまあ、グダグダ考えてたら、地雷亜ん時の銀さんが先生に拾われたシーンが見たくなって、アニメを見直しまして。稲穂とか幼馴染3人が塗りたくなりました(*^_^*)


*過去の自作絵と

2009年
ren14のコピー

2010年
raku31のコピー

過去の自作絵となんとなく繋がってたり?
その辺はHRK名義で作った『暮れ六つ』読んでくれた方はニヤリと出来ます^^

今回の絵は2009年のを見ながら似た色調になるようにしてみました。
3年前より進化してる…かな?


*パターンの使い方

よく色塗り記事でフィルター加工して~とか言ってますが、やるとどうなるのか見せた事ありましたっけ??と思って説明してみる。フィルターっつか、今日はパターンを使って画像の雰囲気を変える方法ですね。


現実の紙に絵を描くと、その下の紙の表面の凹凸とか素材感が出るじゃないですか。
で、それがまた味わいになって、紙を含めて絵の全体的な印象が生まれるよね?
でもデジタルで描くと、当然背景は真っ白のなんの素材感もない所からスタートする。
これはこれでいいんだけど、やっぱり紙の質感を出したい!って時に、これ使います。


Before
この画像は『読者とジャンプ』のかずはさんのものです!持ち帰りダメ。
nostalgie non


After

この画像は『読者とジャンプ』のかずはさんのものです!持ち帰りダメ。
nostalgie.jpg

空とか雲が分かりやすいかな。
これすると、適当に描いててもなんかいい感じに見えるマジック!!
…がちゃんと発動されてるかな?


使用するのはPhotoshopに元から入ってるモノクロの「カンバス、画用紙、ガーゼ、羊皮紙」とかお好みのパターンを、画像の上に「オーバーレイ」とか「焼き込みカラー」「ソフトライト」などのレイヤースタイルで載せるとこうなります。

この絵だと、パターン3種類を不透明度20~30%ぐらいの「焼き込みカラー」モードで載っけてます。
同じように何種類もパターン使ってる例としてこれとか↓
【色塗り】 綿雪 (謹賀新年2012、な神楽ちゃん)


あっBeforeの画像サイズでっかいままだった…ま、いっか!
トンボってよく見るとグロテスク!(Googleで画像検索しまくった感想)

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。