スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【京都】 鈴虫寺

昨年秋。
紅葉の時期にぷらっと行って、行列が長くて入るのを諦めた鈴虫寺

今度はちゃんと中まで入ったよ!

DSC_0121_20120723162028.jpg

ちっちゃいお寺で庭とか建物より、お坊さんのお話が面白かったです(笑

以下追記↓

DSC_0109_20120723161939.jpg
京都市の西側の普通の住宅地の中にぽつんとあります。
近くには西芳寺(苔寺)があって、観光バスでセットで来る人多いのかな?

DSC_0110_20120723161939.jpg
この階段に秋にずらっと行列出来てて引き返したんですよねー
日曜朝9時に行ったので、まだ涼しくって人も少なかったです。

DSC_0123.jpg

拝観料500円を払って…ってマイクで喋ってる声が聞こえる。

観光寺院と呼ばれるお寺もふえた昨今ですが、鈴虫寺では寺院本来のあり方を常々大切にして参りました。ご参詣くださる皆さんには、書院へお入りいただき、鈴虫の音色とともに私どものお話を聞いていただく「説法」の時間をもうけております。<HPより>



事前に調べてこなかったんですが、こちらでは入ってまず30分ぐらいお坊さんのお話を聞くらしい。鈴虫(近くで見たらGみたくちょっと気持ち悪かった…)が箱にたくさん入ってて、綺麗な音が鳴る中、お茶とお菓子を食べながらのんびり聞いてました^^
入ったらちょうど始まったばっかりだったけど、40人ぐらい既に座って聞いてる人が。あれかな、観光ツアー客とか?

で、まあ内容としては厄年とかお守り、お札の扱い方説明から寺観光する時の心得だとか、さすが喋り慣れてるのか所々笑いを取りながらリラックスした雰囲気で話して下さいました。

一番心に残ったのは「観光ではなく、拝観という心持で来て下さい」ってのかな。
規模の大小はあれ、寺ってのは宗教施設で仏さんを祀ってる所だから庭とか建物の写真撮って終わりではなく、せっかく来たなら仏さんに手を合わせて、んで時間があれば、坊さんの話を聞いて心豊かにして帰ってください。だそうです。

まあ、修学旅行生とかツアーだとサッと行ってパッと帰る人多いもんねー
私は行ったらどこでも1時間ぐらい居座るんだけど(笑

説法の中に自分とこのお守りの使い方とか話をして、それとなく買おうかなぁと言う気にさせるのは流石w


DSC_0118_20120723161938.jpg
説法が終わったら案の定皆お守り買い求めてました(笑
まあ、私は特に興味なかったので、靴を履いて庭に出る事に。

DSC_0111_20120723161939.jpg
なんとなく色調加工。
庭の端っこから京都市内が一望できました。

DSC_0116.jpg
…………………目があったのでパチリ。

DSC_0115.jpg
ぐるっと1周して終わり。紅葉がたくさんあるので、紅葉してたら綺麗なのかもしれないけど、庭の面積的には小さいです。3分で1週出来ちゃう。

DSC_0120_20120723162028.jpg
色調加工その2。竹林っていいよね(*^_^*)
お守り買った人も庭に来て、狭い庭だったので行列出来てました。

DSC_0124.jpg
この木かっけー!

DSC_0126_20120723162027.jpg
お坊さんが説法で言ってた「ひとつだけ願いを叶えてくれるお地蔵さん」
ワラジを履いてるのが特徴だとか。

みんな真剣に拝んでたので、私も一拝みして帰りました^^

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。