スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【京都】 半日ふらっと放浪。(出雲大神宮とか亀岡市色々)その3

過去記事整理してたら、去年亀岡まで無計画にバイクでフラッと行った記事が途中だったので(すっかり忘れてた)残り写真をドバっと公開~

簡単なその日の経緯(過去記事内容)

京都市の鈴虫寺に行こうとした
→人いっぱいだし今度にしよう(こないだ行きましたっ【京都】鈴虫寺
→そうだ、せっかくだし周辺バイクで散策しよう
→迷ったら山道に……峠越えて、お隣の亀岡市行っちゃえ☆

→ガス欠なりかけだし、途中の酒呑童子の首塚怖い(´;ω;`)→亀岡市到着!


、、、文字に書き起こすとバカな事やってんなーと自分でも思います(笑

PAP_0046_20120808023740.jpg
 
畑の中に……舟? 以下追記!


ガソリン満タンにして。亀岡の観光地を巡るべく、亀岡出身の友達にメールしてみた。

「亀岡の観光名所ってどこよ?」
「ないなぁ。しいて言うならサティとアバンティ?(両方大型スーパー)」「」


ちなみに上の写真の背後にでっかく写ってるのがサティ(笑

PAP_0032.jpg
田んぼー

あんまりなので、地域の資料館に行ってみた。【亀岡文化資料館】

調べたら、保津川・トロッコ列車・明智光秀・出雲神社が出てきたので行ってみる事に。


PAP_0047_20120808023740.jpg
明智光秀のいた亀岡城…の跡地に建つ謎の宗教施設。
江戸時代にあった亀岡城は明治維新以降荒廃し、宗教施設が買い取ったそうな。

PAP_0051_20120808023739.jpg
トロッコ列車の駅。なぜか狸の置物が大量に。

PAP_0042.jpg
七福神ってどこにでもあるんだ。

PAP_0043.jpg
3つぐらい回ってみた(けどあんまり大したことない無人寺ばっかだったので写真は略)

PAP_0036.jpg
うーし♪

PAP_0034.jpg
山道に謎の石がずらり。どうやら地元の学校の作品らしい。怖いわw
てか、国道それたらほとんど誰ともすれ違わないって怖い。


『出雲大神宮』

「元出雲」の通称があり、背後に「千年山」という神体山があることから「千年宮」とも呼ばれる。いわゆる出雲大社は明治時代に至るまで「杵築大社」を称していたため、江戸時代末までは「出雲神社」と言えば当社を指していた。

吉田兼好が『徒然草』の第236段で記した「丹波に出雲と云ふ処あり」の「出雲」とはこの神社のことである。

出雲大社教の出雲大社京都分院(亀岡市下矢田町)や島根県の出雲大社とは別法人の神社である。ただ、出雲大社との関係は深かったようで、境内に建つ「国幣中社 出雲神社」の社名標は出雲大社の元宮司千家尊福の筆による。<Wikipediaより>


一応ちゃんと二礼二拍一礼でお参りしてきました。

PAP_0023.jpg
ここは結構人が。

PAP_0018.jpg
「舟岩」

PAP_0021.jpg
手水舎。龍!

PAP_0020.jpg
「夫婦岩」

PAP_0019.jpg
凛々しい狛犬。

PAP_0001.jpg
「市杵島姫命」

PAP_0006.jpg
「真名井の水」古来より御神水と崇められてきたそうな。

PAP_0008.jpg
「盤座」

PAP_0009.jpg
「建御雷之男神」武勇の神様 「天兒屋命」勉学の神様

PAP_0010.jpg
「事代主命」商売繁盛の神 「少那毘古名命」医薬・健康の神

PAP_0011.jpg
神域って言葉の響きカッコイイ。

PAP_0014.jpg
「素戔嗚尊」厄難消滅の神 「櫛稲田姫尊」
さすがスオサノさん、社がりっぱやね。

PAP_0015.jpg
「崇神天皇」第10代目天皇。実際に存在した最初の天皇らしい。

PAP_0012.jpg
終わり^^

その後、日が暮れる前にサクッとお家に帰りました。プチ冒険。
出雲神社ってのが、亀岡にあったのが驚きでした。
一番の驚きは畑の中の船だけど(笑)ホントなんだったんだろうw



【京都】 半日ふらっと放浪。(京都市西/松尾~桂坂周辺)その1
【京都】 半日ふらっと放浪。(寄り道/首塚大明神)その2

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。