スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ジャンプ40号感想(黒子のバスケ語り&銀魂)と『銀魂のすごろく』PV第二弾

京都に帰って来て日常に戻り、ジャンプ読みました。
そして銀魂のゲームのPVも見ました。



どう見ても桃鉄ですありがとうごz(ry

ジャンプ感想(黒バス&銀魂)を追記から↓



桃太郎電鉄20周年 ハドソン・ザ・ベスト桃太郎電鉄20周年 ハドソン・ザ・ベスト
(2011/12/08)
Nintendo DS

商品詳細を見る


小学生の頃、桃鉄で日本地図覚えたハコです。

マダオついに貧乏神扱いwww

いやでもすごろくゲーム好きだから興味あるかも。
(黒バスのゲームよりは面白そうっていうかお金掛かってそうだしねー)
操作キャラ&ステージ&ミニゲームが豊富だったらいいなぁ。
真選組屯所、かぶき町、吉原、鬼兵隊がステージ(?)に選ばれてるっぽいけど、ステージごとにBGM変わるとか銀さん達がコスプレするとか…こう、ネタを出来るだけ詰め込んで欲しい。(まぁ、バンナムさんなんで期待はあんまりしないでおこうw)




銀魂 第413訓「ジーザス」

ジャンプはねー銀魂のあの怒涛のキャラ登場とギャグの畳み掛けが久々な気がしてね、うん、全ページ笑顔で読ませて頂きました!w一国傾城篇のあのシリアスをブッ飛ばす、空知先生のキャラのいじり具合が好きですwww

一番ツボったセリフ

「俺の家一体何人家族だったんだ!?」

万事屋は知り合いがストーカーもとい恋のハンター(by近藤さん)になる確率高いw
まあとりあえず、山崎の中学生チックなたまへの片思いは、全力で阻止Σb( `・ω・´)グッ

たまさんは万事屋の子なんだから!山崎なんかにやれねぇ!w



黒子のバスケ 第179Q「諦めていません」


黒バスは、秀徳を応援したくなりました。


扉絵の眼鏡なし緑間くんがイケメンだったとかが理由ではなく。
赤司くんのハサミキ○ガイキャラから、身長コンプレックス持ちの黄門様キャラにジョブチェンジに盛大に笑わせてもらったとかは…うん、ちょっとは理由に入ってるけどもw

赤司くんの「天帝の眼(エンペラーアイ)」で緑間くん含め、秀徳の選手全員こかす…あれ?こかすって方言だっけ?標準語だと転ばせる??こけさせる?…まあ、どうでもいいや。こかされて、じわじわ点差が開いて手も足も出なくなっていく様子は悲しくなるわ。
初めから洛山が勝つだろうと思ってたけどさぁ。


強い敵登場→打ち勝つ!はジャンプ漫画の王道で、黒バスの大筋の展開はベタだけど、その描き方が上手いなぁと思う今日この頃。

VSキセキの世代戦を読んでて一番「これは勝てないだろう」と絶望したのは、青峰くんの桐皇vs誠凛かなぁ。あ、こないだアニメでやってたのと違う方ね。毎週毎週読んでて、青峰くんの強さに「ははっ…まだ上があるんかい!」と乾いた笑いが止まりませんでしたよ。

その時みたいな絶望感は…赤司くんに対しては無い、かな。今ンとこ。
ぶっちゃけ、眼とか特殊技能だと凄さがあんまり分からん。(えー
圧倒的技術力でねじ伏せられる方が辛いわーまぁ、赤司くんの奇行がいちいち(笑いの)ツボに入ってるせいかとも思うんだけどw

やっぱ一番秀徳を応援したくなった一番の理由は、


ラストの秀徳1年コンビの諦めてないあの顔かな!


キセキの世代ってさ、信頼とか熱血とか友情とか。
勝利以外のスポーツ漫画でテーマになるモノを、中学時代得られなかったっぽいよね。
それって部活で学生スポーツやってる上で、相当損だと思う。
…小説だと結構和気藹々っぽいけど、まあ、アレは公式二次制作だと除外して(笑


これが理由かははっきりしないけど、他のキセキの世代の子って、捻くれたり、見下したり、やる気無かったり、立ち止まってしまった一方で(赤司くんは分からんw)、緑間くんだけ中学時代からブレずにずっと自分を律して努力を続けてる姿勢はかっこいいなぁとは思う。一周回っておは朝狂の残念イケメンだけど。どうしてこうなった。

最初はバスケなんて好き嫌いでやってるんじゃないとか言っちゃったくせに、
やっぱり好きじゃなきゃ常に努力を続ける事なんて出来ないよね。

ついでに中学時代、副将で人をまとめたり補佐をする立場だったからか、(今週のアニメでは)火神くんにツンデレに包んだアドバイスと言う名の塩を送ってくれるような観察力の鋭い、良いヤツ(?)でもあるし。

帝光中時代の超個人プレイチームに対して、色々思う所はあっただろうけど、てか周りをきちんと分かってる割に、自分優先というか自己責任というか…最終的に自分とは関係ないと思ってたんだろうなぁ。
ホントこの漫画、マイルールで生きてるヤツが多すぎる(笑
だからこそキャラ立ってて面白いのもアルケドネー



……って秀徳贔屓を説明するはずが、いつの間にか緑間語りになってた。



ええっと、要するに、ツンデレ電波おは朝狂(教?)っていう大きすぎる障害のせいで、友達少なそうな緑間くんが、

ツンデレ理解してコンビ組んでくれる高尾くんとか、
常に努力を欠かさず、ラッキーアイテムとかいじりながらも理解を示して、
チームに必要なエースとして認めてくれる先輩方がいて。

3P数と距離だけが大事である意味一人でバスケしてた緑間くんに、
仲間の、チームの大切さも教えてくれた。


そんな秀徳に入れて良かったね!赤司くんに一矢報いたれ!



って事が言いたかったのです。
ここまで語り長いwwwまあ、せっかく書いたから載せとこ(笑


他のキセキの世代はそれぞれ、高校で情緒面も成長して良い子(?)になったけど…赤司くんは、ねぇ?(笑)どうなることやら。
とりあえず今の状態だと、大人になった時に悶絶することになると思うんよ。
同窓会とかで、昔の黒歴史を晒されるってツライ、よ?w

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。