スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

キャラ名の意味を真剣に深読みしてみた。(黒子のバスケ)

モノや人に名前を付ける際には、何らかの由来や意味を持たせることが多いと思います。

まあ仕事中暇だったので興味があったので、
キセキの世代(黒子のバスケ)のキャラクター名を
辞書を片手に深読みしてみた^^


※ホントにこういう由来かとかは知りません、妄想です





■黒子テツヤ


最初はやっぱり主人公♪
ってこの子は正に名は体を表していますよね。

黒子…… 表に出ず物事を処理する人。舞台で後見役や人形遣いが着る衣装が由来。
テツヤ… 何でカタカナ?と疑問に思うんですけど、複数の意味を込めてあえてカタカナなのかなと予想。"鉄(ハガネ)"の意志を持ち、物事を突き通し「黒子に"徹"する」とかどう?

ちなみに五行の"黒"は水・北・冬と関係があるんだとか。


□キセキの世代
あえてのカタカナと言えば、「キセキの世代」の「キセキ」ですよね。
普通に考えると『奇跡』なんだろうけども、宝石という意味の『貴石』、人生の路の『軌跡』という語句もありますね。危石とか鬼籍…は縁起悪いからナシの方向で(笑


■青峰大輝

"青"は五行で木・東・春。少年だとか若々しい意味も。

峰…… 尖った山の頂という意。辞書で「/\型の~」と記述されていて笑ったw
輝…… かがやく、ひかり、派手に輝くさま。

「険しい山の頂きに一人立ちながらも、大きく光り輝いている」


青峰くんも、よくよく見ればまんまでしたねー
元祖(黒子くんの)光だったり、高校行っても孤高だったり。


■黄瀬涼太

"黄"は五行で秋の稲穂から土、古代中国では地上の支配者である皇帝の色だったそうな。なので、方角は中央を示す。

瀬…… 水が激しく砕けて流れる急流
涼…… すずしい、ひややか。
    漢字の成り立ちは「水+京」で風通しの良い丘の上のように水がひんやりしている事。

ずばりがテーマになっていますね。
苗字では岩を砕く苛烈さを、名前では涼やかで静かという、色んな表情を見せる水の二面性を表しているように見えます。高校名もユニフォームの色も水関連なのは興味深い。

てか、黄瀬くんが一番、試合中とその他とのギャップが激しいと思うのは私だけ?


■緑間真太郎

日本などのアジアでは古代、"緑"という色名はなく、すべて青に含まれていた。
青と黄の中間色。植物とか癒しのイメージが強いかな。

間…… ある範囲の場所の中。静かに落ち着いているさま。
真…… まこと、うそや欠けのない、充実している。

あれ?信仰とかツンデレとかはないんですか?

って最初に思ったよね、うん(笑
「嘘のない」って、めっちゃ捻くれてんじゃん!誠凛の試合グラサンかけて見に来てたじゃん!
まあ、悪質な嘘は言わないし、行動は真摯だよね。口が素直じゃないだけでv
「ある範囲」ってコート?コート全部から3P打てますからの、3Pシュートを放つ時は常に冷静なのだよアピールとかどうよ?


□高尾和成

高尾くんの名前が素敵だったので追加♪

和…… やわらぎ、丸くまとまった状態。なごむ、声や調子を合わせる、プラスする。

周りの人達を「"和"み、皆の調子が合う状態に"成"る」
それに"高"には「人柄が優れている」という意味も含まれているからもう、どんだけ良いヤツなんだよ!って感じです。緑間くんと良いコンビだと思ったので書いてみました。


■紫原敦

"紫"は青と赤の中間色。古来(漢代以降。それより昔は黄色)この色は気品の高く神秘的な色と見られた。


原…… 広い野原、起源、はじめ、生真面目なさま。融通が利かない。
敦…… あつい、ずっしりと安定した、重厚。せまる、追い立てる。

「バスケ嫌いと言いつつ、グレずに真面目に練習したり、でもマイペースで融通が利かず。長い手足とずっしりと重厚な体躯。ついでに、気に入らない対戦相手を追い詰めたり」


そのまんまじゃん! (*゚ロ゚)ノミ

ぶっちゃけ紫原くんを最初に調べてそのまんま過ぎて楽しくなったので、他の人はどうなんだろう?と調べ始めたっていう。黒子くんはまあ、調べなくてもなんとなく分かってたので、紫原くんの予想外な漢字の意味の一致に驚きました^^


■赤司征十郎

"赤"は五行で南・夏で混じりけのない、中心、大切なと言う意味も。

司…… つかさどる、役目を受け持つ人。
征…… はっとする、まっすぐいく、もとめる。
    囲碁で逃げようとする相手の石を、斜めに追って当たりとし、逃げられなくする。
十…… すべて、まとまっている。十分。

トリは赤司くん。

"征"って「征服」とか「征圧」って武力行使なイメージが強かったんですけど、まっすぐと言う意味もあった事に驚き。てか、"征"と書いて"しちょう"と読む囲碁用語…逃げられないとか怖い。

文字通りに考えれば「すべてを征服する役割を持つ者」だけども、
「もとめるモノへまっすぐ向かい、周囲をまとめる役割を持つ者」という読み方も出来ますね♪


と、名前に使われている漢字とか調べて深読み(ごり押しとも言う)するのは結構楽しかったです(*^_^*)
てか、キャラを決める時に名前もやはりちゃんと考えているんだなぁと実感しました。
全員上手い事考えられてますよね。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。