スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【色塗り】 殺せんせーとネウロ

暗殺教室 2 (ジャンプコミックス)暗殺教室 2 (ジャンプコミックス)
(2012/12/28)
松井 優征

商品詳細を見る


暗殺教室2巻は12月発売だそうですね。
1巻も買ったし、2巻も買う予定~(*^_^*)

というわけで、1巻買った時に塗って放置してたイラストの紹介でも。
この画像は『読者とジャンプ』のかずはさんのものです!持ち帰りダメ。
殺せんせーとネウロ
<クリック拡大>


以下追記~


殺せんせー塗るのめっちゃ簡単で笑ったw



ジャンプの作者コメントで「せんせーは何色で塗ってもいい」と書いてあったので、ここはピンクで(`・ω・´)キリッ

まあ、『暗殺教室』買った記念の色塗りだったんですが、せんせー自体は5分ぐらいで塗り終わって、残りは全部お隣のネウロさんに時間がかかってたんですよね。
そしてネウロはジャンプ連載時にパラ読みぐらいしかしたことが無いと言う…カラーリングあってます??

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 1 (ジャンプ・コミックス)
(2005/07/04)
松井 優征

商品詳細を見る

ネウロって面白い?


*サイケデリックカラー


サイケデリックとは、麻薬的とか、幻覚的とかの意味で、同時のヒッピー族やロックミュージシャンから始まり、一般ファッションにまで、派手なサイケルックが浸透した。その色づかいは、黄、紫、ピンク、黄緑などの蛍光色調であり、サイケデリックカラーと呼ばれた。
サイケ調は、69年には日常性を視覚化したポップアートや、幻覚的な光の効果によるオップアートの流行に結びつく。<by JAFCA>


この作者の絵はサイケデリックカラーのイメージがあったので、ネウロはそれを意識して塗ってました。
普段肌の影の色に赤紫なんか使わないけど、あえて使ってみたりv



*背景に困ったら…


無計画に描くと、背景何にも考えてなくって最後に困る事があるんですよね。
そんな時活躍するのが「幾何学模様・フォント・写真加工」です。
これさえあれば、とりあえずどうにか出来る…はず!(笑

で、今回はフォントに元から入ってる記号を使ってみました。

「さんかく」・・・・・・△▲▽▼
「やじるし」・・・・・・☞☞☞☞


まっ別に無くてもいいんですが、なんとなく画面の賑やかし用に(*^_^*)
他にも○、☆、♪、矢印各種を使ったりします。

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。