スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【銀魂】「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」感想!!

「あかんて…ぐすっ…これはあかんて…ぐすっ、ずずっ…ホンマあかんて~(´;ω;`)」

って映画終わった後、隣の子が号泣してた。


まぁ私も泣きましたけどね!!!!!3回ぐらい(;_;)

シリアスシーンで泣いてたらいきなりギャグぶっこんで来るわ、もう、泣けばいいのか笑えばいいのか分からんいつものアニ銀で、ほんと濃厚で楽しい2時間でした!!!空知先生&アニメスタッフの皆さんありがとう!!!

いやこれまごう事なき完結編でしたわホンマ。
でも正直、時間軸を理解しきれんかったからもっかい観に行こうかなっ…!

万事屋よ永遠なれっ!(。´Д⊂)


詳しい感想は家に帰ってから追記します。追記しました↓
まさか最初のアレがああなるとは。


これが物語にとって重要な位置を占めるとは、果たして思わないよね。

以下ネタバレ感想は追記に~


今日は暑くなるなぁ~とバイクで劇場に着いたのは開演20分前。

元々席は予約&発券済みだったんで、ゆっくり余裕をもって行こうと思ったらまさかの長蛇の列でビビった。
しかも放送でずっとこの列は劇場版銀魂の~ってアナウンスしてるし、、、忍たまとかモンスターズインクとか、今日は子供向け映画がたくさん初日なのに、銀魂だけ列ぱねぇ!!?状態でした。

パンフは高かったので買ってませんw
それと、苦手なんで買わなかったんですけど、銀魂印のポップコーンはかなりの人が持ってましたね。

席は一番後ろの中央だったんですけど、見事に左右の人達でポップコーンの種類フルコンプしてました(臭いが…)皆ポップコーン好きなのな!そして、袋は丁寧に持ち帰るという。

IMAG0190.jpg

そんなこんなで「コミックス 零巻風メモ帳」「三位一体フィルム」神楽ちゃんverをゲット。ネットニュース【劇場版『銀魂』入場者プレゼントがさらに追加、劇中でも重要なアイテムに!?】でこれは重要なアイテムとあったから、どんなもんかと思ったら、見事に涙腺崩壊シーンに繋げてきやがった…!もうさーこれ万事屋揃えたくなるわーでもランダム&配布は1週間ごとに万事屋→真選組→攘夷と変わる鬼畜仕様とかマジ勘弁してください(笑


で。


あーそろそろジブリ新作『風立ちぬ』も公開かぁ~映画泥棒の注意のやつ結構好き~とのんびり予告観てたら、いきなり映画泥棒銀魂ver開始ですよ!!

前回の紅桜篇ではワーナー弄りだったけど、今回は映画泥棒が来た!
と懐かしいアニ銀のノリにニコニコしてたけど、、、弄りなげぇw
no more!で銀さんに捕まった頭がビデオカメラな映画泥棒の反応が、ただの万引きで捕まった中学生なんですけどw

とか笑ってたらいつの間にか本編始まってた。

今日の万事屋の仕事はポルノ映画館の注意?らしい。
おいおいおい今回小ネタで色んな映画ツッコんでるけど、まさかのポルノ映画の題名が『アレ勃ちぬ』って。
ジブリにケンカ売る…って大丈夫!?と一瞬焦ったけど、そういやナウシカとかラピュタとか、テレビ放送時からやりたい放題だったな!と一安心(?)したところで。

「特典で3回見に行くと揃う~とかあるけど、財布のひもはしっかり握っておこうね☆」って、神楽ちゃんこの映画でも思いっきりその商法やってますけど!!?

弄りだけだと思ってた映画泥棒が、実は源外さんが作ったタイムマシーン「時間泥棒」で中の人が松陽先生と同じは予想外です。
どうやって銀さんが未来に行くの?と謎だったのでポカン(゜ロ゜;)ですよ!


で、5年後の未来、着いた場所はまさかの自分の墓の前で。
『白詛』と呼ばれる不治の病が流行り、もう人口の2,3割しかいない江戸は荒廃してるという。


もうこっち(観客)は銀さん目線で軽くパニックですよね。
いくら予告篇である程度の心構えが出来ているとは言え、まさか神楽ちゃ…ぐらさんが、正しい中の人の使い方(ツンデレ)からの、スリット深すぎ&あざとい乳揺れ(絶対ブラ付けてないよね)「アル」の消滅とかもう大人になってノ∇`)

ああ、新八?もう別キャラだよね。新八さん?ハイハイ中二乙(笑
で、気になってた出オチキャサリンとマダオは笑ったwその変化やだなぁw

源外→ヅラ→ゴリラの天丼は笑ったwwwもうw分かってても笑えるwww

んで、未来の沖田と土方は改めて思う。かっこいい。

正直、土方は前髪A型と隊服より、この史実に近いデザインの方が好みです。元からこっちなら、銀さんより好きだったかもしれない(笑
例え隣にいたのが、筋肉ムキムキで直視したらSAN値直送しそうなエリーでも!w
こん棒で役人を血みどろ撲殺してるのマジ怖い。
桂さんと近藤さん?あっそういうのいいですから^^
いつも通り安定のギャグ担当で安心した。


こんな感じで皆変わっちゃったの見て、盛大に銀さんは動揺してるけど。
それでもやっぱり神楽ちゃんと新八は年下なんですよね。
銀さんが居ない世界で、いきなり出てきた銀さんっぽい人=「ちんさん(偽名)」に対して、近藤さんだけじゃなく、桂さんや土方、沖田君まで心配してるってのが、いなくなった保護者の代わりを皆でやってるみたいで。
それでも誰も銀さんの代わりにはなれないし、自分も相手も辛いから顔合わせられなくって、溜めこんで、意志は継がなきゃ、万事屋は残さなきゃ、って無理して頑張って。


観てて泣いた1回目はさっちゃんです。


さっちゃんと言えば、公式HPのコメント集で、中の人のぶっ飛び具合が半端なくって爆笑したんですが。

「空知先生のエキスwいきなり一人芝居始まったwwwwでもちょっと分かるw」

死の淵に瀕してるお妙さんへの、涙ながらの激励っつうか慟哭。
一方的だけどライバル視してたお妙さんが、起き上がれない位元気無くなって。
私と銀さんとの結婚式(だっけ?)に出席するまで死ぬな的な、めっちゃらしいセリフにホント一瞬笑っちゃうんだけど、銀さんがいつ帰って来ても良いように周りのみんなは変わってても、自分だけは変わらずにいるんだ、って切ない女心にもう泣くよね。

さっちゃん含め九ちゃんツッキー皆泣いてるし、私も釣られて涙腺崩壊でした。ええ。

まぁその後の「ちんさん」登場に案の定涙引っ込むんですがね。

もおおお!!www何なのあの絵面の破壊力wwwwww


はんぱねぇwもうこれさー実物を劇場で観てもらいたいw
シリアスシーンを一瞬でギャグ空間に変えるあの顔wwwwwwwww何回出てきても笑えるwww

そして服を元に戻して、もう一度万事屋を再結成する3人。


てか、ちょっと後半混乱して、時系列追えなくなったんですけど、、、こういう事??

kousatu.jpg
勘違いしてたらすみません、てか教えて欲しいです。
Aのすべてが遅くって自害も出来ず、守りたかった周りの皆が死んだりバラバラになってくのを見てきた銀さんはホント辛かっただろうなぁ。

最後には自分自身に殺されるとかやってらんないっしょ。

根本の原因(=自分の存在)を断つために攘夷時代に行って白夜叉を殺すシーンはどうなるのかハラハラしてました。そして登場する「三位一体フィルム」まさかね、、、『アレ勃ちぬ』をここまで引っ張って、重要アイテムにするとは思いもしませんでしたよ!!!

で、過去で自分自身を殺したからか、未来で万事屋が影も形も無くなって号泣してる新八と神楽ちゃんが、銀さんの記憶が消え、なぜ自身が泣いてるのか分からず、3人合わせようと約束したフィルムも消滅した時に、、、泣いたよね。(2回目)


まぁ、みかん段ボール装備マダオ(白夜叉コスプレ)でポカンってなったけどね!!

だから!温度差激しすぎて、感情が追いつかねぇ!!


最後のみんなで攘夷時代に飛んでからの戦いは、金魂篇やかぶき町四天王篇を思い出しました。銀さんとお妙さんが背中合わせで戦ってるシーンはテンション上がった!

それと「発情期かこのやろー」とか「腐れ縁」とか、全部のセリフ追い切れなかったんですけど、過去の名台詞&名シーンっぽいのがちょいちょい出てくるのがいいですよね。


別に、RPGとか漫画でよくある「仲間」ってわけじゃないけど、
銀さんとの日常の中で築き上げられてきた「腐れ縁」って言う名の絆がこういうピンチの時に発揮されるのかなと思って、だからこそ、銀さんが死んだ未来では皆バラバラで。
ジーンと涙腺が危うくなったところで主題歌が流れるって言うね!!
これはテンション上がりますわー

万事屋3人の為、ジャンプの土台になった真選組3人に、いつかのカブト虫話を思い出してクスッと来ましたw
あん時も散々ケンカしてたくせに、大事な所では阿吽の呼吸なんだから(*^_^*)

で、いつもの長編だと銀さんがやっつけるパターンが多い気がする(オビワンは違った)けど、銀さんが囮で新八&神楽ちゃんが攻撃とは思わなかった。5年後の2人は強かったもんね。

ラスト銀さんと一緒にトドメ刺しに出てきた白夜叉、他セリフが一,二言な攘夷時代の3人はぶっちゃけ出てきた意味がよく分からなかったんですけど。

終わった後、「辰馬が喋ったーーー!!」って中学生ぐらいの女の子がめっちゃ喜んでたんで、ファンサービスなのかな?と思ってます(笑
そうだね、坂本さん本編でめったに出てこないし、最近はOPもリストラされてた(うろ覚え)もんね。ちょっとでも喋って良かったね。
というか、ファンサービスで言ったら、空知先生よくここまで色んなキャラ出して動かして見せ場作ったなぁ、と感心しました。サービス精神旺盛な空知先生あっぱれです。


で、過去が修正され、未来へ消えゆきますが。
定春含め3人と1匹で肩組んで円陣作ってたシーンがお気に入りです。
「万事屋」は銀さんがいる限り、いつまでも永遠に存在し続けるんだなぁ。
と、映画の副題の意味がじんわり感じられました。
そしてエンドロール後のまさかの銀魂1期OP!!!


はい泣いた。


だってさあああ!!
いい加減何回泣くんだと思われてるだろうけど、一番最初の曲をバックにこれまでのアニメ本編が流れるんですよ!?全部分かるじゃん。ああ、これあの話だな、面白かった、感動した、色々込み上げてくるものがあるじゃないですか!!




長々と書きなぐったけど、

「ありがとう、銀魂大好き」
って一言に集約される劇場版でした。

もっかい見に行くぞー!!

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。