スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【京都】 金閣寺

龍安寺から立命館大学通り過ぎてバイクで5分ぐらい?

P1000595.jpg

まぁ、これ見りゃ一目で分かるよね。
お次は金閣寺

こちらも小学生ぶり!以下追記~

同じ国宝の龍安寺があんま人居なくって、
夏だから人あんまいないだろ~って正直舐めてました。
めっちゃ多い。正直金閣寺の前はしょっちゅう通るけど、行こうと思わなかったもんで、こんなに駐車場広くて、人も多いとは思わずビックリした。

DSCN1815.jpg
まさかの修学旅行の先生達用のベンチwww

こんなの他で見たことないんですが。
流石に夏休みだからか修学旅行生はいないけど、外人さん率はんぱねぇ。

DSCN1817.jpg
そして取られる駐輪場代:1時間150円也
寺で駐輪場代取られんの初めて。ケチやなぁ(ボソリ

IMG_20130824_210556.jpg
その代わり拝観料は400円とリーズナブル。
変わってるのがチケットがお札なので、何だか得した気分になれます^^

で。

DSCN1820.jpg
はいどーん。

そもそも寺の名前が「鹿苑寺」で、この有名なのが舎利殿の名前が「金閣」なので、金閣寺って言う呼び名が広まったらしい。
有料のトコに入ってすぐ警備員さんが居て、「はい、写真撮る人左ねー」と誘導されて、満足するまで写真撮ってから右の奥の方に進むって感じ。

DSCN1822.jpg
よくあるアングルからアップで。

今でも室町時代の北山文化の例として、歴史の教科書に写真載ってるのかな?

北山文化
室町時代初期の文化で、三代将軍足利義満(1358年~1408年)の北山山荘に代表される。公家文化と、新興の武家文化の融合が特色。<by Wikipedia>


ようは、ここは将軍の別荘で、金閣寺のあるら辺を北山、銀閣寺のある地名が東山って言って、それがそのまま文化の名前になった…って感じ。

ついでに一応説明しとくと、、、
この金閣は3層全部違う様式で作られてます。
1層目は寝殿造風(天皇、貴族)、2層目は書院造風(武士)、3層目は仏殿風(中国)、屋根の上に鳳凰(皇帝)
こっから想像出来るのが、天皇より武士が偉くって、その時代大国だった中国がまだ上だけど、てっぺんには国の王たる象徴、つまりは☆俺一番☆

みたいな意味かなぁ~と見た人が一発で分かる中二仕様(笑
この解釈だと色んな所にケンカ売ってんなぁ~と思いますが、それが許される権力を持ってたんですかね?
現在改修の真っ最中で、終わったらまっ赤&金ぴかになる予定の平等院鳳凰堂や日光東照宮みたく、時の権力者はやる事のスケールが違うね!w

DSCN1826.jpg
裏っ側。

あ、でも今立ってるこれは昭和製です。
1950年に放火で燃えちゃったので。詳しくは【金閣寺放火事件 wikipedia】


DSCN1824.jpg
陸舟の松。形かっけぇ!

DSCN1827.jpg
てくてく。

DSCN1829.jpg
湧水その1。

DSCN1828.jpg
その2。

DSCN1830.jpg
そn(ry うん、まぁ、金閣寺って金閣以外蛇足って感じだし、うん。

DSCN1832.jpg
遠くから金閣。ここもまだまだ寺の敷地内。

DSCN1834.jpg
夕佳亭っていう茶室らしいんですが…なぜに賽銭箱?

DSCN1838.jpg
不動堂。この画面右っ側は土産物屋が5件ぐらい並んでて、そこにひっそりと『英語・中国語・韓国語』のおみくじが置いてあって流石だな、と思いましたw

DSCN1840.jpg
そんなこんなで終わり♪

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。