スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【京都】 建仁寺 (風神雷神図&双龍図)

東山の「清水三年坂美術館」に行く途中、「そういや行ったことないな~」とふらっと寄り道して入ってみました^^
結論を先に言うと、ここめっちゃいいです!500円の価値あり拝観料に見合った価値のないお寺も確かにありますけど…)。1時間半ぐらい居座ってました(*^^)v

建仁寺と言えば、
風神雷神

この風神雷神図が有名ですよね♪中高の歴史とか、美術の教科書にも載ってる有名なやつです。
ちなみに作者は「俵屋 宗達(たわらや そうたつ)」という江戸時代の画家。
本物は国宝なので美術館に保存してあって、公開されてるのは複製品ですが、それでも迫力がすごい!!

続きは追記から↓↓




南の八坂通から入ってすぐ撮影。手前の橋っぽいところは「放生池」、奥に見えるのが「三門」
建仁寺行く
その日は雨でした。人少なくていいなあ~と思ってたら、北側にたくさんの観光客が。そちらが通常の入口っぽい。
っていうかお寺って外から見るよりめちゃくちゃ広い!!


本坊・方丈・法堂3か所を、500円払うと見れます。
手前の石さっきの屏風の複製は入ってすぐのところと、ここ「潮音庭(ちょうおんてい)」(建物にぐるりと周りを囲まれた庭で、苔と紅葉がキレイ♪)から見える2箇所に設置してあります。

真ん中にどん!と立ててある「三尊石」。
この写真じゃ分かりにくいですが、屏風から真正面から座ってみると、風神雷神が岩の上から降りてくるように見えました(*^^)v ←気のせいかもしれませんが(笑)
でも、これはこういう意味かな?とか想像しながら見た方が楽しい^^

反対側から。雨で水分を含んだ苔が美しいです。
いい感じ

中はこんな感じ。(クーラー付いてる左奥)
部屋
床の間の壁紙の模様が、寺の家紋になってます!掛け軸のおじさん、可愛いらしい(笑)
おじさん

方丈の枯山水の庭です♪周りに人が20人ぐらい居たんですが…一人だったらず~っとここにいたかも
枯山水

なぜか画面が緑っぽく。(良い感じです)
手水鉢

方丈を出て庭をぐるりと散策。(当然入口で靴を脱いで、はだしなので、外用のスリッパが用意されてます)茶室
茶室もありました。


そしてラスト!次のこれはぜひ見てもらいたい。これを見た時、

ああ、この時代に生きてて良かったーーーーっ
って真剣に思いましたからね↓

<クリック拡大>
双龍図

建仁寺・法堂の天井画「双龍図」
これはさっきの屏風みたいに古いものではありません。
できたのは2002年、21世紀です。北海道の小学校の体育館を使って、日本画家・小泉淳作さんによって、約2年かけて描かれたものなんです。

……だめだ!私の写真技術じゃあ、あの感動は伝わらないっ( ̄□ ̄;)!!
どんな写真でもポスターでも、やっぱり実物にはかないませんね。

外の光があまり入らない大きな建物・開放された大きな扉。
入ると、高い天井一面にこの龍がこちらを眺めているんですよ。どんだけビックリしたかと……っ!!
あーもう、こっちに降りてくるんじゃないかと思うぐらい、視界いっぱいに絵が広がってて、ずーーーっと天井を見上げてました。そして、天井に夢中で、(法堂の主役のはずの)仏像見るの忘れてました…お釈迦様(?)、ごめんなさい m(_ _)m

あと100年、200年たった後もこの絵が残っていたら、絶対重要文化財とかになるはず。
でもその時は色とかくすんでしまっているかもしれないから…それを、こんなにキレイな時に見れてよかったです(*^_^*)


建仁寺ホームページ→http://www.kenninji.jp/

拝観料金 : 一般 500円
中高生 300円
拝観時間 : 午前10時~午後4時

住所 : 京都市東山区大和大路通四条下る小松町
(祇園四条、清水寺、高台寺とか近いです。全部歩いていける範囲♪)

71:No title

うわー!!
これ自分の好きな絵です!風神雷神!かっこいいから大好きなんです♪

ハコさんってよくこういうところ行きますね!
自分はまだ年齢的にこういうところまで行けないんですよ(泣)
お寺とか神社とか昔の絵が見れる博物館とか大好きなのに・・・なのでいつもハコさんの日記を見てウキウキしてます(笑)

2009.06.24 12:26 宇治金時丼 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。